読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WIZYってサービスに注目してみよう

 

昔、バンド活動をやっていたことがあります。

曲をレコーディングして、CD-Rに自分たちの楽曲データを記録し、お客さんに無料で配ってました。

今はもうSNSYouTube(もSNSの一種ですが)があるので、そこにアクセスさえしてもらえれば、音や映像をたくさんの人に視聴してもらうことが出来ます。

で、これから特に注目されるんじゃないかな?というサービスが出てきました。

WIZY(ウィジー)

という新しい?サービスです。

(本当に新しいサービスなのか、筆者の独断では分かりかねますが…他にも別会社で同じようなものはたくさんあるかもしれない)

で、これはなんなのかというと、アーティストが発信する媒体をリアルタイムで視聴・閲覧できるもののようです。

ここで言うアーティストとは、音楽を発信するミュージシャンも、イラスト・デザインを手がける人、マンガを描く人なども全て入ります。

しかも課金制(課金タイプや提供されるサービスは様々)

アーティスト側からすれば(例えばミュージシャンなら)

『レコード会社やiTunesを通さず自分たちがクリエイトした作品を自由に売ることが出来る(しかも無料の段階でファンになってもらうこともできる)』

という感じですね。

ファンに向けて発信するメールマガジンYouTubeの良いところ取りと言った感じでしょうか。

インディーズバンドの視聴サイトとかでオーディオリーフとかありましたが、メインはあくまで『視聴』や『バンドのことを知れる』というものでした。

とても便利なサービスですが、今はもうYouTubeがあるので、自分たちの楽曲をYouTubeにアップしたり、バンドの宣伝告知をメンバーが自分でビデオで撮ってYouTubeにアクセスすれば早い話です。

ツイッターでもインスタでもスマホ1台で動画を上げれますしね。

ただYouTubeの視聴回数とかの広告収入で、ずっと食べていくのは、狙って出来るものではないと言えます。

だから、アーティストが無料とか広告収入ではなく、しっかりと自分たちが創造したものを、対価を受け取って提供できる媒体が必要なのは目に見えていると言えるはずです。

ライブやチケット代、展覧会やイベントなどで多くの収入を得られるアーティストなんてごく一握りですし。

そういう意味では、音楽を作る人も、絵を作る人も、映像を作る人も、皆こういうWIZYのようなサービスを利用して、素晴らしい媒体が増えていけば、もっとクリエイターさんが活躍できる時代がくるのかなぁ、なんて思いました。

YouTubeか何かと連動してくれると有難いなと思います。